Tag-Archiv für » カンボジア «

Was!? Schon drei Monate unterwegs?

水曜日, 22. 4月 2009 15:15

Tatsächlich. Nunmehr drei Monate sind seit Beginn unseres Schulausfluges vergangen und wir haben das Kapitel Südostasien damit quasi abgeschlossen. Aus der das-Glas-ist-bald-halb-leer Perspektive ist das unheimlich schade, da dies bereits ein Viertel der geplanten Zeit ist. Andererseits können wir uns beide an keine drei Monate unseres bisherigen Lebens erinnern die so konzentriert neues, beeindruckendes, sehenswertes aber auch bedrückendes und erschreckendes mit sich gebracht haben. Uns kommt es so vor als wären wir ob der Fülle der Einrücke schon ein ganzes Jahr unterwegs. Eindrücke nicht aus TV oder in anderen Medien die durch die x-te Hand beeinflusst wurden, sondern live erlebte. Das Hirn und die Sinne arbeiten hier auf positiv prickelnde Art und Weise auf Hochtouren. Die Lernkurve wie man sich den verschiedenen Umständen und den dabei zu Tage tretenden Kontrasten und Problemen am besten anpasst war diesbezüglich enorm steil. Sicher kann man auch ohne diese Erfahrungen einfach so sein, aber nun, da wir die seelisch sehr wohlschmeckende Frucht der „unabhängigen intensiven Langzeitreise“ gekostet haben, wissen wir dass wir bis zum Begin der Reise etwas sehr fundamentales neben dem Aspekt der vielfältigen natürlichen Schönheit dieser Erde verpasst haben. Zum einen hautnah mitzuerleben wie sich die große Mehrheit von Menschen jenseits unserer westlichen Realität organisiert, anpasst, sich trotz aller Widrigkeiten zurechtfindet und dabei häufig viel glücklicher wirkt als wir es waren. Zum anderen das Gefühl sich weitestgehend vollständig frei zu fühlen und auch so zu handeln. Das dieses Gefühl natürlich in doppeltem Sinne nur auf Grund unseres bisherigen mehr oder weniger selbst gewählten Lebenswandels (berufliches, äußerst unfreies Rat-Race und entsprechende finanzieller Vergütung die hier richtig richtig viel Geld darstellt) 可能な限り, ist uns dabei vollkommen klar.
Natürlich hatten wir innerhalb dieses Rahmens den einen oder anderen romantischen Ausstiegsgedanken. Aber schon zwei Minuten später wieder verworfen, da - machen wir uns nix vor - dieser mit unseren finanziellen Mittel sehr wahrscheinlich endgültig wäre. Denn sobald man in die Spirale der lokalen Währung gerät, dass heißt die lokale Währung nach lokalen Maßstäben und Lohnniveau (Südostasien besteht fast ausschließlich aus Low Cost Countries) verdient, hat sich das mit dem Reisen sehr wahrscheinlich und das mit der Freiheit garantiert ein für alle mal erledigt. Zwar sehen wir, wie oben kurz angesprochen, hier trotz aller Widrigkeiten Tag täglich richtig glückliche und zufriedene Menschen, jedoch verschließt sich uns der Zugang zu diesem Glück, dass maßgeblich auf simplen tief verwurzelten Familienwerten beruht. Unser emotionales Fundament, antrainiert durch westliche, aufgeklärte Wohlstandssozialisation, auf Basis von ständigem materiellem Wettbewerb und Selbstverwirklichung, wurde durch diese drei Monate jedenfalls nicht erschüttert. Wir könnten  uns mit diesem „simplen“ Glück nicht zufrieden geben. Wir wissen (noch) nicht ob das für uns  persönlich gut oder schlecht ist. Wir wissen nur, dass weder unsere bisherige Wertevorstellung, noch die hier erlebte uns jede für sich alleine zufrieden stellen würde. Die wahrscheinlichste, geradezu trivial klingende Möglichkeit wird es sein eine Balance zwischen den zwei Aspekten zu leben.
Nach den ersten drei Monaten hier würden wir uns mit folgendem Zustand wohl in (recht opportuner) Balance befinden: Eine Arbeit und Lebensmittelpunkt im westlichen Wohlstand und so oft es geht das Geld was dort verdient wurde in Südostasien ausgeben. Irgendwann wenn es sich ausgearbeitet hat, おそらく. den Lebensmittelpunkt vollständig nach Südostasien verlegen.
Hoppla. Das ist ja mal was gaaaaaanz Neues! Vietnam Thailand Malaysia Kambodscha Indonesien  Was!? Schon drei Monate unterwegs?

ナジャ, genug geschwafelt. Wir haben noch drei Viertel der Zeit und mehrere Kontinente vor uns. Das nächste mal wenn wir hier berichten wird dies aus Down Under sein. High Cost Country - Hurra!?

  • Vietnam Thailand Malaysia Kambodscha Indonesien  Was!? Schon drei Monate unterwegs?

トピック: お別れ, 展望, 見出し | コメント (0) | 著者: アハメド

タイへようこそ

金曜日, 6. 2007年3月 2009 6:11

  • Thailand Raststätte Klimaanlage Kambodscha Grenze Bus  Herzlich Willkommen in Thailand

トピック: モチーフシリーズ, 見出し | コメント (1) | 著者: マーティン

フォン·Kambodscha NACHタイ - 観光トラップフルスロットルで

金曜日, 6. 2007年3月 2009 6:02

01.03. 日曜日 Um 7 我々はホステルにいる午前中にクロック バス 拾った, 私達 (我々は仮定として) 後 クルンテプ 持参する. シェムリアップを介して表示されます1時間の乗車を一度に, 最後に、すべての人がバスを変更するには、範囲外のバス停で要求されます, しかし、我々は示さ座ってもらう… だから乗って旅行代理店に行く, これ、それを信じるか、CA. 200 メーターは私たちのホステルから削除されます! しかし、良い, 我々が最初にあったことを, 早くも収集された… どこロジックはここにお願いし、それはベッドの中で滞在する時間長くされている可能性がどのように良い??? しかし、それはほんの始まりだ…

一方、我々はある アジア人の芸術パック いつもの, しかし、次のバスに変更した後に私たちを待っている, 我々は以前にも見たことがない… デル·バス, 交流私たちの快適なコーチがちょうど同じ半部であるとして販売されていた, トランクを持っていません (私たちは忘れてはならない, 私たちは旅行するバックパッカーで排他的にここにあることを, リアルビッグバックパックを持っている!), まだエアコンを持っているか、ベンチでもリモートで快適です. それにもかかわらず、このバスにあって (!) 乗客に席が占領し、我々はすべての荷物が、まだ場所を見つけるために真剣に疑問に思う!? 更に1時間後 (今汗まみれのバスドライバによって使用された, バスにロードする) 我々はそれがどのように機能するかを知っている! 私たちについて私たち, 私たちの隣に, 完全に私たちと一緒にし、バックパック、バスの中央通路にオーバー内蔵され!!! 誰より立ち上がっておらず、ましてやバスを残すことができます - おそらくへ. フルブレーキにはあなたしか考えてはいけません… への道 Grenzübergangポイペト すでに全てのガイドブックカンボジアで最悪の一つと考えられていると私は言わなければならない… 正当に! スルー Schotterpiste あなたは永久に揺れるされます (後に 10 分1は、脚の不快なチクチクを感じている, その後であっても 3 時間は停止しません), どこモーターHeultaそう, その一つは、彼自身の言葉を理解できず、予約空調は、単にウィンドウのみを意味し、 …

誰も驚かないであろう, それにもかかわらず 極端な荷重 バスの時間ごと 30 休憩所分を保持します…. 最初のピットストップでは我々だけで笑った, 我々は、屋根パックバスの下から上に出口が可能になることはないと思ったので、. しかし、我々はdisabusedた! バスの運転手は主張, 後ろから最後の人はバスから全体積み重ね荷物を乗り越えること, それをすることができます完了するために (それは少しかかりますが、これはまた、より長い休憩をすることができますが). 常に覚えている - それはお金がバスのゲストに残っていないでお金を稼ぐことです!).

 

だから我々は手に入れる 3 時間の旅 Grenzübergangポイペト AN…

 

ここすなわちバスオフ荷物を含むと国境手続きの世話をする. これでガイドする新しいバスに新しいガイドのタイ側に到達するために別の約1時間かかり (今回は、それはまた、予約として本当に素晴らしいコーチの). 次のようにガイドの歓迎が何かを行ってきました: 「バンコクへの旅へようこそ. 乗車は約. 4-5 時間に達する - 残念ながら、我々は現在、小さなを持っている エアコンディショナーのある問題 バス上の、ちょうどバス中央の前に持っている (10 ここから離れて数分) バッテリーを充電し続ける. 加えて、我々は約である 45 休憩で1時間分を停止します, 缶を食べて飲み。” 1 時間の休憩, それは今まで本当に間違っているの前に??? 正直に言うと, 私たちは本当に長い間、その後、その考えを掛けない, 内から バスフルすでに約40℃、 があり、顔や体がダウンして実行しているだけのように私たちのすべては、汗をかく. またBuswerkstatt前に保持して待つ, バッテリがすぐにブリッジされていること, そのため、私たちと私たちのこれまで 2 時間の遅延は全くすぐにバンコクに到着. 今フィッターとバス運転手の後 3 別のバッテリーを試してみました, クロール、バスから最初の乗客, 我々はすべてのコラーに加熱しようとしているように! それが最終的に取る 45 分, 温度調節器には、もう一度 - そして我々は登るの旅行者の拍手にバスに戻って容易になります. 次の休憩までの乗車だけの時間がかかる 30 再び分、我々は最高 40 バスを残す分, 缶を食べて、飲んで. 私たちの野生の抗議行動は、残念ながら引数で却下される, 安全のため、再度、電池を試験する必要があること (意志の男ダ·ショーンのsagenた - 交流することなく、旅は不可能であろう!) だから我々はいい子がバスの運転手の兄弟で食べて、飲んで、バスや秩序から抜け出す. 、我々はやや意外である, モータースポーツバスANへデア-, 乗客なしで外扉と、彼はちょうどそうファームを残す… 宣言の弟, 再度、ワークショップに追い込ま予防措置であることを - しかし、再び来る…. 私は今 "に等しい言葉の使用を開始するかもしれない” 熟考する - しかし、私はないんだけど、ちょうど言う, この「等しいこと” 後 4 時間待つ 終わった (今ではある 17 クロック - そして我々はただ単に国境を越えている!). 私達のどれも、これらの中で知っていた 4 今は本当に私達の全体の荷物をバスにしているかどうか何が起こっていたか時間が今まで戻ってくるだろう…

 

すべてのすべてで、それは単に問題だったが、兄のサービスエリアでの素敵な収益が発生させる、人々は長い間maltretieren, 彼らは夜遅く憤慨し、疲れvölligstまで (それは実際にあった 22:30 クロック - 代わりに発表したの 15 クロック) バンコクでデルをDIREKT 花王サンロード とりこにする貪欲トゥクトゥクドライバーと非難することができた. これらはすなわち、今度は、ホステルで訓練を受け、その宿泊施設で、コミッションベースで観光客を引っ張っている… 悪循環…

 

全体のことについてのジョーク, 我々はすでに両方のフォーラムでだけでなく、私たちのガイドでそれについて読んだことがあることを - 残念ながら全体のツアー会社が最終的に信頼できるように分類することができるのか全く分からない… さらに、当社は、事前にホステルを予約していた, 何も今まで私たちを獲得することができなかったように、. BUTでキャッチ - が飾ら… だからおそらく! タイへようこそ Touristenfalle Thailand Kao San Road Kambodscha  Von Kambodscha nach Thailand   mit Vollgas in die Touristenfalle

  • Touristenfalle Thailand Kao San Road Kambodscha  Von Kambodscha nach Thailand   mit Vollgas in die Touristenfalle

トピック: 見出し | コメント (5) | 著者: マーティン

シェムリアップ - オールドマーケットウントロージーのゲストハウス

金曜日, 6. 2007年3月 2009 5:57

  • Siem Reap Rosys Guesthouse Old Market Khmer Kambodscha  Siem Reap   Old Market und Rosys Guesthouse

トピック: モチーフシリーズ, 見出し | コメント (8) | 著者: マーティン

シェムリアップ - カンボジアからの出発前の最後の日

金曜日, 6. 2007年3月 2009 5:46

28.02. 土曜日 我々は今朝早く私たちの寺院ツアーをキャンセルした後、私たちはトゥクトゥク方向に非常に簡単にドライブ シェムリアップのオールドマーケットはシェムリ. 我々は本当に驚いている, どのようなカンボジア人がこの地区を作った! Pnohmプノンペンからすべての汚れには何もよりここに見ていない - それは、小さなを有する, 人工バックパッカーのパラダイス” 晶出し. 相次いバーはここと忙しい夜にそれができることはすべて記載されています- 近く、党の生命. 物価 (ALLES US $) 非常に観光地であり、カンボジアとはほとんど関係を持っている. 食糧事情は同じように、残念ながら、ある… ヨーロッパTagesordung全くここにベーコンのにフライパンの上クロワッサンの. 私たちがここにいるので、しかし、我々は、朝食、おやつを持っており、街中の喧騒を見て.

 

としてのトゥクトゥクドライバーたち 2 時間が再びピックアップ - 私たちは、オールドマーケットの周りの散歩をしたい. 乗り継ぎのためのお土産、そして調理器具翌日として、私たちは見ている, 典型的なのための クメールのスカーフ. この我々はすぐに発見した、これを犠牲にして、アクションが「グッドコップに応じて設計されています - 悪い警官” うまく. 装備しない限り、私たちは実際にまだ少し実を利用したい, 関与していることが、すでに別の売上高ピッチの反対側から. ここに本当がある クメール芳泉, 「1サイズ” とても大きい, 我々はそれで2位に簡単に見つけるだろうと. クメールの女の子以来なく、私たちにズボンの利点を伝えるためにあきらめていません - アーメドは、バインドされたズボンチップトップのペアでわずか数分後であり、市場の真ん中に一度にすべての真上. 実際に、ことわざをすべき, 私たちのお金はすでに減少傾向にあったことを, 購入を追い払う - しかし、彼はこれをしなかった, 価格はすぐにとても低いこと, パンツだけで購入しなければならなかったことを Siem Reap Old Market Khmer Kambodscha  Siem Reap   letzter Tag vor der Abreise aus Kambodscha また、荷物の中になりましたので、同じ - 我々は2つ​​のカップ絞りたてのサトウキビジュースに自分自身を治療し、ホステルの方に戻って、市場を残す. カンボジアの最後の日の残りの時間は、使用しております, 私たちに次の日の朝、バンコクへの私たちのバスのチケットを取得し、ヤシの木や川の景色を眺めながら、ホステルの竹テラスでリラックスする. また、我々はまだタオ島にホテルヒントを得ると期待をすでにいっぱいタイの島々を楽しみにしています.

  • Siem Reap Old Market Khmer Kambodscha  Siem Reap   letzter Tag vor der Abreise aus Kambodscha

トピック: 見出し | コメント (0) | 著者: マーティン