Beiträge vom Februar, 2010

Uyuni das Tor zur Salzwüste

金曜日, 26. 2月 2010 7:05

Wir sind an unserem Ziel in Uyuni anzukommen - auch ohne (oder gerade deswegen?) eine Tour von unserem Hostel in La Paz aus zu buchen. Hätten wir das gleich versucht, hätten wir Karneval vielleicht nicht komplett in La Paz verbracht. Naja

Der Ort, der uns hier erwartet ist mehr als touristisch, denn jeder, der hier mit dem Bus oder dem Expresso del Sur ankommt, möchte den sagenumwobenen Salar de Uyuni besuchen. Für die Zwischenzeit gibt es zahlreiche Hostels und für das Vorhaben direkt ca. 80 verschiedene Touranbieter, die die Touristen in Jeeps zum Ort des Geschehens bringen. Am Abend vor der Tour kann man noch eine Pizza essen (denn es scheint in diesem Ort nichts anderes zu geben) bevor es dann morgens zwischen 10 11 Uhr in Jeepkarawanen in Richtung Wüste los geht.

  • Uyuni Bolivien  Uyuni das Tor zur Salzwüste

トピック: モチーフシリーズ | コメント (0) | 著者: マーティン

ボリビアのアルティプラノを通じて電車で

金曜日, 26. 2月 2010 7:00

Die Zugfahrt von Oruro nach Uyuni im Expresso del Sur ist hier in Boliven so etwas wie ein mini Orient Express und in der empfehlenswerten „Ejecutive Class“ stets ausgebucht. Dem entsprechend ist es ratsam einige Tage früher Tickets am Schalter zu besorgen. Es gibt sogar einen Restaurant-Waggon, der nach der Besucherfrequenz zu urteilen entweder Essen für lau oder Sterneköche zu bieten hat. 〜に関係する, niemals Sitz 1 および 2 in der Ejecutive Class nehmen. Sie liegen genau vor der Tür zum Speisewagen, so das nicht dreißig Sekunden vergehen werden ohne das Menschen lautstark an einem vorbei krakelen und die Türen entweder klappernd offen lassen oder mit einem Scheppern zuschlagen. Es fällt somit schwer das zu tun, was man tun sollte: Zurück lehnen und die Fahrt genießen. Kaum zu glauben aber diese Ebenen so weit das Auge reicht liegen auf etwa 3700m Höhe. In der Regenzeit häufig unter Wasser, im Sommer trockene Pampa. Ein sensationelles Panorama!

  • Bolivien  Mit Zug durch das bolivianische Altiplano

トピック: モチーフシリーズ, 見出し | コメント (0) | 著者: アハメド

オルロStartpunktこだわりデンエクスプレスサウス

木曜日, 25. 2月 2010 7:00

把握するためはい、そうです? 今日我々はバスの駅でラパスに実際にあり、それは次のようになります。, バスはオルロに戻って行くだろうと…

我々は持っている 30 ボリビア (7US $) 2 のチケット 3 時間の距離とオルロのホールドを得るために時間の上に座る 10 バスのクロック, 私たちに 10:30 クロックは、ラパスから削除されます… Um 10:50 しかし、時計は私たちに我々を伝えます, バスは行かないこと, 夜の旅の後のドライバーから 4 時間の休憩が従わなければならない. 私はあなたが私達がして飛行を撮影したかすぐに想像できると思う! まだ眠っているバスのドライバーにわれわれは一切の願望がなかった! 他の乗客は、病気それに不満があること - 本当に私たちには謎です。… 我々は、重要な運転の少なくとも生存を知っていた, 時刻表などの遵守.

私たちにとって、それは別の会社によって、少なくとも新しいチケットを買うと呼ばれています (今の価格はすでに倍高かった), 少し待つ, 私たちを納得させる, 新しいバスドライバーはよく休んで、最後にオルロに来て旅行の後に緩和されていること.

オルロはすてきな町です。, 何カーニバルは通常、あふれんばかり. 我々は、事実上持っている “余波” が考え…そうでなければあなたが時間と時間を過ごすことができる巨大な市場がある. そこに昼食を食べるためには、実際の経験と持っている実質の御馳走です。. コルによってあじ (ニンニクとラム), Falso Carnejo (偽ウサギ) 他の裁判所と同様に、彼らは周囲の肉屋の屋台から新鮮来る. サプリメント (サルサ, Enselada, Fidelios,パップ, USW.) 巨大な鉢から手で取られる. 同市場の1つの女性 (や. 女性の手) また、支払わ, おそらく最も衛生的ではないが、食品は依然として非常に優れています! その後、新鮮なjugoドPlatanoのCON練乳がある, 売り手と少しチャットに接続 - 本当にリラックス…

午後の場合は、まだいくつかの新鮮なナッツである, ロールスロイス, トマトとチーズ (Almuerzoと同様の手順)買った, 茂みの下に眠っている間後でも、公園でボリビアの古着のカップルは見ていてホイップクリームとあなたの男性を使用して、ネオングリーンゼラチンを楽しむ…

しかし実際に、私たちはここにいる, ウユニに電車を利用するために - Salzwuesteにゲート - とチケットは既に購入され…

 

  • Oruro Bolivien  Oruro Startpunkt für den Expreso del Sur

トピック: モチーフシリーズ | コメント (0) | 著者: マーティン

それはあなたの値段になっていたはずだ - ボリビアのアマゾン盆地

水曜日, 24. 2月 2010 7:00

しかし、我々は好きなので、早期になって. いくつか考えた後ラパスで私たちの到着後すぐに、我々は、ボリビアのアマゾン盆地への1週間の旅行を予約している, あなたの素晴らしい野生生物へと地元の主要なジャングルとススキの時計で. 我々は長い間にはまだないので, アンデスのバス旅行は仲良くなるが交差することができます。, 我々は戻って入れて飛行機でルートを選択している.

厳密には少しフェアチャイルドと言えば、. ジャングルのRurrenambaqueの空港は、唯一の未舗装の滑走路を持っているので、, フライトは、現在の気象条件に大きく依存しています. そしてそれは我々が何であったかです 2 日の取り消し - 雨季!

最初の日私たちは滑走路に向かう途中で小さなプロペラ機にいくつかの待ち時間の後に自分自身を発見… パイロットが突然その場で手を振ってまで、ベイには戻っていたと私たちに語った, 着陸は、先にいるため、豪雨のは不可能であること. 我々は場所を取るために空港の待合室で、再度確認する必要があります, あなたは私たちに伝えます, それはに行く場合. 何が早くで言うほどない, 我々は待っているのより多くの時間のために経験している場所, すべてのフライトは一日のためにキャンセルされたこと. これは我々の便を再予約して、もう一度私たちの荷物を拾うことを意味. 空港で私たちの通話中に次の朝、我々は学んだ, 飛行は時間遅れで表示されたが、おそらく行くことに. これはバスの荷物と空港とのため、もう一度だ. 一度空気に既にあった 2 我々はついに発見されるまで、戻っていくつかのより多くの時間を押されて, 再びその日のすべてのフライトをキャンセルされたこと.

我々はその後しないことに決定しました 2 週間、飛行を望んで, 私たちの旅行のリストのすべてを削除するには雨季がアマゾン川流域. ここでは、本当に驚いていた, Amazonが航空券のために私たちの費用の償還に問題を作られていないことを航空会社. 小屋AB, であっても手数料は当社でとの中に計算されているか 20 分は、ものを食べていた.

バックホステルで、私たちは、しかし、学んだ, また、我々に組織化されたツアーは、塩砂漠の塩湖ウユニで動作しないということです。, ために完全なバスの, 来週は、天候に行かないだろう…. そしてそれはさらに良くなります。: カーニバルのため、すべてのクロー​​ズド周りの週の旅行でとにかくここにある!

今私達はちょうどので、周辺地域のカーニバルと雨の週にわたって確立されたので、ラパスでここに座ってではない離れて来る. 灰の水曜日の後、我々は、単に切り開くことウユニする方法のオルロで列車で自分自身で私たちを試行します.
本当にblode, 我々は、雨季を知っていた, それは我々が思っていなかったような効果を持ちます。.

  • Bolivien  Das wäre Ihr Preis gewesen   das bolivianische Amazonasbecken

トピック: モチーフシリーズ | コメント (1) | 著者: マーティン

ラパスの色鮮やかな市場

火曜日, 23. 2月 2010 7:00

Läuft man entlang der Märkte von La Paz, merkt man gar nicht wirklich, dass man Peru eigentlich schon verlassen hat und sich bereits in Bolivien befindet. Sowohl die Handwerkskunst, die Waren des täglichen Gebrauchs als auch die Kleidung der Einheimischen ähneln sich hier sehr. Alles ist wunderbar bunt und eine Augenweide zum Fotografieren. Anstrengend hier zu laufen ist es allerdings schon, denn die Marktstrassen führen den Berg steil rauf und runter – aber dafür wird man wiederum mit traumhaften Ausblicken auf die Stadt belohnt.
Ganz interessant ist in La Paz übrigens der “Hexenmarkt”. Ein esoterischer Markt, auf dem Medizinfrauen und -männer ihre Kräuter, Talismänner, u.a. allerdings auch getrockenete Babylamas verkaufen – halt alles was Pacha Mama (Mutter Erde) so an Hilfreichem zu bieten hat

  • La Paz Bolivien  Buntes Markttreiben in La Paz

トピック: モチーフシリーズ | コメント (1) | 著者: マーティン